医療法人愛心会 古河病院 10周年記念式典

10周年を迎えるにあたって

  • 医療法人茨城愛心会 古河病院
    理事長 福島安義
  • 古河病院は今年の7月で10年を迎えることができました。
    これもひとえに地域の皆様方のご支援の賜物であり、深く感謝申し上げます。
    これからも古河病院が更に地域貢献できるよう、今後の病院づくりに力を入れて参りたいと思っております。

    今までの10年は病院の基礎を固めるために邁進してまいりましたが、
    これからはこの基礎のうえに内容の充実をはかることが重要と考えます。
    よって節目となる今年は大きな意味をもって迎えました。
    3月にまず循環器疾患のための心臓カテーテル治療を開始しました。
    5月には既存の小規模多機能介護事業所「ポプリ」と訪問介護事業所「四季」を隣接地に新設移転し、
    介護事業に力を入れます。
    6月には院内に回復リハビリ病棟を新たに開棟し、地域の病院と連携をとっていきたいと思っております。

    どうかこれからの古河病院の歩みに期待をして頂き、また期待に応えられる
    病院づくりをしていくことを誓い10周年のご挨拶とさせて頂きます。

  • 医療法人茨城愛心会 古河病院
    理事長 福島安義